ロミロミアロマセラピーの思い

アロマ クレイ ロミロミセラピスト  ヨガインストラクターのふみです。


今日はトリートメントについて



昨今、さまざまな代替医療が注目を浴びてますね。
その中の1つ アロマがあります。精油ですね。

アロマもかなり日本に広がっていて、アロマが単なる香り だけのものではない認識がある方が多くなって、アロマセラピストとしては嬉しい限りです。


各 団体・ 各先生方が、講座 やワークショップなどでアロマを身近に感じるように普及活動されてきたからなのだなぁっと、頭が下がります。


さてさて、、、

ご存知の方も多いかと思いますが、アロマ・精油は皮膚吸収しそれは真皮層までたどり着きます。(真皮層まで浸透する化粧品は少ないかと思います。CM当の*を見ると、表皮層まで浸透などコメントはいってます!)

ですので、アロマ・精油の芳香分子が血液循環されて、全身にいきわたり、風邪やむくみ頭痛などの症状にも改善症状がみられてくるのです。

本来 アロママッサージとは、このアロマを浸透させることがメインですので、アロママッサージを主としてされているサロンのマッサージは、ソフトタッチが多いのです。

アロママッサージはスウェディッシュマッサージというトリートメントの種類のソフトテクニックを使って行います。

 ですが、日本人はある程度の圧を好むので、さらに 圧を加えた ディープディシュテクニックを使ったトリートメントをするアロマサロンも増えてきたように思います。


私は、アロママッサージももちろん、スウェディッシュマッサージ・ ディープディシュマッサージもできますが、ロミロミマッサージが好きです。

(世界では、スウェディッシュマッサージの方がメジャーです。ロミロミの国 ハワイのホテルのメニューでもスウェディッシュマッサージはありますよ~。)


私は、ロミロミマッサージのスピリチャル的な要素が好きなのだと思います。ヨガが好きですからね。そのあたり 繋がってます。


そもそも、ロミロミとは、古代ハワイアンがひっそりと伝えられていたセラピーでした。 受け継がれていく文化、選ばれた血筋の方たちだけが受け継ぐことができたものでした。

ハワイには、8つの島があり、各島にロミロミのクム(先生)がいます。
そして、その技術は本当にさまざまです。 色々な流派があるように、ハワイのロミロミにも先生によって代々受け継がれた全く異なるアプローチ、技法があります。 

日本に入って来ているもののほとんどは、ハワイ島コナ在住だったアンティー・マーガレットがはじめたロミロミです。ハワイでもそこの流派が主流となっています。 


当サロンで行っているのは、テンプル式ロミロミです。テンプル式ロミロミとは、古代ハワイでは本来儀式として行っていました。 

カフナと呼ばれる超越した力を持った人により行われ、人生の新しい道に向かう為の儀式として神聖に行われていました。 


テンプル式ロミロミは背面は未来を切り開くようにパワフルに、仰向けではエネルギーの溜まりやすい関節を大胆に解放して行きます。 
足先から肩までのロングストロークが入るので臀部へオイルを使用しての施術が入ります。その為 、施術の際はショーツ無しで行うことが多いです。(紙ショーツはいてもらっても大丈夫です)仰向けでは最小限のタオルに寄るカバーで股関節のストレッチを行いますので、一般的なリラクゼーションより露出はかなり多いです。

っと、かなり伝統的なトリートメント技術なのです。ですので、 本来はアロマなどは使わず、ハワイのククイナッツオイルを使うのですが、私はアロマの効果効能を捨てきれず、使ってます。しかもかなり高級なものを使ってます。

(ちなみに、アンティーマーガレットのロミロミも少し習いました。)



伝統的なスピリットロミロミ に アロマの効果をプラスして。。

気持ちを変えたいとき・気の流れを変えたいとき・何かの節目 など 皆様が なにかきっかけを感じて頂けるようなトリートメントをご提案させて頂いております。


是非 トリートメント受けに来てくださいね。







HuLu~にじいろ~

アロマ ロミロミ クレイ を使って 心・体・魂のリラクゼーション 虹色のきれいな羽根が輝きますように。

0コメント

  • 1000 / 1000